加齢臭のチェック

加齢臭のチェック

 

加齢臭は、ノネナールの酸化が原因で起きるので、少し脂っぽい感じの臭いになります。と言っても、タバコや汗など他の原因による臭いもあるので、一概にこれと言った臭いの表現は難しいものです。

 

チーズや古本のような臭いという表現もありますが、臭いの感覚は個人差があるため、その臭いが一概に良いか悪いかも言えません。お年寄りがたくさんいる場所に行くと、なんとなく臭うような感じとも表現できます。

 

 

加齢臭が出ているかどうかをチェックするには、自分ではなかなか分かりませんから、他人に聞くなどしてチェックすることになります。

 

 

自分で加齢臭をチェックする

 

加齢臭は、主に頭、首、耳、脇、足といった部位から発生します。一番わかりやすいのは、毎日寝ている枕の臭いでチェックすることです。また下着の臭いからも、単なる汗臭い臭いなのか、それとも今までとは違う臭いがしているのかでチェックできるでしょう。

 

 

他人に聞いて加齢臭をチェックする

 

自分では自分の臭いになかなか気づきませんから、やはり他人に臭いを嗅いでチェックしてもらうのが、一番手っ取り早く正確な方法です。しかし、臭いのチェックを頼むのは恥ずかしいもので、抵抗のある方も多いと思います。身内からすでに指摘されていれば、加齢臭があると納得できますが、臭いは慣れもあるため、客観的な評価はどうしても難しくなってしまいます。

 

 

測定器で加齢臭をチェックする

 

今のところ加齢臭専用の測定器はありませんから、一般的な口臭チェッカーでチェックすることになります。あくまで口臭チェッカーなので、加齢臭の原因となるノネナールをチェックするものではなく、口臭のみのチェクになります。

 

 

加齢臭は、周りの人に対する気遣いということだけでなく、病気の症状として臭いが発生していることもありますから、心配であれば一度病院でチェックしてもらうことも大切です。