加齢臭の原因

加齢臭の原因

 

加齢臭の原因はノネナール

 

加齢臭の原因は、ノネナールという成分だと言われていますが、加齢臭を抑えるためには、できるだけノネナールを増加させないようにする必要があります。

 

ノネナールの発生は、それをつくり出す元になっている、「脂肪酸」と「過酸化脂肪」が増えてしまっていることに原因があります。

 

 

生活習慣で不摂生をしていると、コレステロールがたまり脂肪分が増えてきてしまいます。更にストレスがあると、体内の活性酸素が増加して、過酸化脂肪も増加してきます。

 

つまり脂肪酸と過酸化脂肪を増加させてしまうような、生活習慣での不摂生やストレスは、年齢によるノネナールの増加だけでなく、それ以上の原因をつくり出してしまっていることにもなるのです。

 

 

加齢臭の原因を少なくしよう

 

加齢臭を防ぐためには、ノネナールの増加につながるような原因を、できるだけ減らさなくてはいけません。

 

生活習慣やストレスもそうですが、食事内容にも原因があります。これは生活習慣病で食生活や運動不足が原因だと言われるのと同じように、高脂肪な食事を摂っていると、どうしても脂肪が増え、加齢臭が発生する原因をつくり出してしまっていることになります。

 

加齢臭の原因は、体の内側の健康状態に関係が深く、香水などを使って表面的な臭いを消したとしても、それは一時的な効果でしかなく、根本的な解決にはなりません。

 

表面的で一時的なことではなく、体の内側から改善することで、加齢臭の対策をしていきましょう!

 

 

<加齢臭の主な原因>

 

  • 年齢
  • 女性ホルモンの減少
  • 生活習慣
  • ストレス
  • 食生活