加齢臭とは

加齢臭とは

 

加齢臭はノネナールという成分が関係している

 

加齢臭という言葉は、昔(昭和の頃)はありませんでしたが、そもそも加齢臭って、いつ頃から、どうして呼ばれるようになったのでしょうか?

 

加齢臭という言葉は、大手化粧品メーカーの資生堂が、加齢臭の原因はノネナールという成分だということを2001年に発表した時から使われるようになりました。この頃から、「おやじ臭い」とか「年寄り臭い」という言葉以外にも、加齢臭という言葉が使われるようになりました。

 

 

加齢臭は、中年以降になると出てくる特有の体臭ですが、その元になっているのは、脂肪酸と過酸化脂質が結合することでつくられる、ノネナールという成分です。それが40代以降になると増えてくると言われています。

 

ノネナールは若い時にはほとんど生成されないため、加齢臭は若い年代にはほとんどありません。若い年代では、汗臭いという臭いはあっても、年寄り臭い、おやじ臭いという臭いがないのはこのためです。

 

 

加齢臭は年をとれば誰にでも出てくる

 

ノネナールは、様々な原因によって起きますが、生活習慣やストレスなのにも関係があり、生活習慣病などが気になり始める年代になると、若い時と比べて加齢臭が出てくる可能性が高くなってきます。

 

女性はノネナールの発生が女性ホルモンで抑制されるため、加齢臭は男性に比べると少ないと言われています。しかし、高齢になってくると女性ホルモンの分泌も少なくなってきて、ノネナールが増えてくるため、男性と同じように加齢臭も出てきます。

 

 

ノネナールが発生しやすい40代以降の年齢になり、生活習慣で不摂生をしている人は、加齢臭が出やすくなります。またノネナールが発生し加齢臭があっても、何も対策をしていない人は、その臭いが余計にひどくなってきてしまいます。

 

 

加齢臭は「汗臭い」「タバコ臭い」「ポマードなどの臭い」といった気になる臭いとは違い、ノネナールという成分が増加してくるために起きる、年をとることで起きてくる臭いだということを認識して、しっかりとした対策をとっていきましょう!