加齢臭の対策・・・クリーム

加齢臭の対策・・・クリーム

 

クリームは、臭いの発生している(発生しやすい)部位に、ピンポイントに塗ることで対策ができます。

 

特に、脇はクリームを塗りこむことで、殺菌、制汗作用があるため、消臭予防になります。但し、クリームはすでに発生している臭いをクリームで抑えることはできませんので、加齢臭の予防という点で使うとよいでしょう。

 

 

加齢臭対策としてクリームを選ぶポイント

 

抗菌より殺菌作用のあるものを選ぶ

 

抗菌は菌を抑制するだけですが、殺菌は菌を殺してくれますので、効果が高くなります。汗が出て、それが蒸れてくるとそこに菌が繁殖してしまい、そこから臭いが発生してしまいます。そこで、そのできるだけ繁殖しないような対策が大事なってきます。

 

カキタンニン(柿渋)がきちんと含まれている

 

カキタンニン(柿渋)には体臭を抑える効果があります。一般的に体臭対策を目的としたクリームにはカキタンニン(柿渋)が含まれていますが、中にはわずかしか含まれていないものもあります。成分をチェックして、カキタンニン(柿渋)がしっかり含まれているものを選びましょう。

 

ノネナールを抑えることをアピールしている

 

加齢臭は、ノネナールという成分が発生することが原因と言われています。そのため、クリームの効果の謳い文句として、「加齢臭対策、ノネナール」という言葉を使っているクリームを選びましょう。単に脂分を除去するというだけで、消臭対策にはならないものもありますから注意しましょう。