加齢臭Q&A 【40代からの加齢臭対策】

加齢臭ってどんな臭いですか?

チーズや古本のような臭いという表現もありますが、臭いの感覚は個人差があるため、その臭いが一概に良いか悪いかも言えません。お年寄りがたくさんいる場所に行くと、なんとなく臭うような感じとも表現できます。

体臭と加齢臭はどう違いますか?

加齢臭は、脂肪酸と過酸化脂質が結合することでつくられるノネナールという成分が原因で、40代以降になると増えてくると言われています。ノネナールは若い時にはほとんど生成されないため、加齢臭は若い年代にはほとんどありません。若い年代では、汗臭いという臭いはあっても、年寄り臭い、おやじ臭いという臭いがないのはこのためです。

加齢臭はどこから臭いますか?

加齢臭は、皮脂腺に脂肪分が増えることで発生するため、皮脂腺が多い部位に発生しやすくなります。また汗腺から出る汗の影響もあるため、頭、脇、足、首の後ろといった部位は、臭いが気になるところです。

加齢臭は自分で気づきますか?

加齢臭は、主に頭、首、耳、脇、足といった部位から発生します。一番わかりやすいのは、毎日寝ている枕の臭いでチェックすることです。また下着の臭いからも、単なる汗臭い臭いなのか、それとも今までとは違う臭いがしているのかでチェックできるでしょう。

女性の加齢臭は何歳くらいから?

加齢臭は、脂肪腺からの分泌が原因で起きますが、女性ホルモンはこの酸化を抑える効果があるので、男性に比べ比較的加齢臭は少ない傾向はあります。しかし、年齢とともに女性ホルモンは減少していくために、高齢になれば男性と同じように加齢臭は出てきます。一般的に、女性が加齢臭を感じ始めるのは、男性に比べ10年遅いと言われています。

加齢臭は遺伝しますか?

加齢臭が遺伝するかどうかの解明はまだはっきりとされていません。加齢臭は生活習慣などが大きく影響しているため、同じような食生活や生活パターンをしていれば、加齢臭が出てくる可能性もあります。ちなみにワキガは50%が遺伝すると言われていますから、加齢臭も遺伝する傾向はあるかもしれません。

加齢臭対策グッズはありますか?

加齢臭が気になる方は、まず身近にできる生活習慣を改めることや、石鹸やサプリメントなどで対策をするのがおすすめですが、それでも治らず悩んでいるという方は、病院で治療を受けましょう。