女性のスメハラもありうる!

女性のスメハラもありうる! 男性を遠ざけないためのポイントは?

「日本人の9割以上に体臭がある」と結論付けた調査があることはご存じだろうか。実は昨今の食生活やライフスタイルの変化に伴って、日本人の「におい事情」が変わってきつつあるのだ。

 

 

体臭は男性だけの問題ではない

 

例えば、近年のパクチーブームに見られるように、香りの強い食べ物が好まれるようになっている。エスニック料理では、各種のスパイスを駆使してその独特の風味を醸しだす。肉好きを公言する人も増え、さらには「ケトジェニックダイエット」のように、進んで肉食中心にしている人たちもいる。

 

それらが悪いと言っているのではないが、そのような変化は体臭を強くする一因となっているということを知っておこう。

 

 

加齢臭は女性にもある!

 

2000年の加齢臭の原因物質である「ノネナール」の発見は、世の中に衝撃を与えた。それまでは比喩として「あいつはオヤジ臭いなぁ」などと言われていただけだったが、中年以降に特有の臭いの元が発見されてしまい、実際に「オヤジ臭さ」が存在すると知られてしまったわけだ。

 

しかし、そのおかげで、自分の臭いに対する意識も高まり、対策グッズも増えた。その後も主に20代の男性に特有な「ペラルゴン酸」や、30〜40代に多く見られる「ジアセチル」などのさまざまな臭いの元が発見された。今ではデオドラントコスメは一大分野となり、急成長を遂げている。

 

そして最近では、不用意に悪臭を振りまくことは「スメルハラスメント」とまで言われ、嫌がらせの一種となっている。ただし気をつけてほしいのは、臭いというとつい、男性ばかりが"加害者"としてやり玉に挙げられがち。だが、女性も同じく臭いを発しているのだ。

 

前述のノネナールは、皮脂に含まれる脂肪酸の一種が、皮膚の常在菌によって生成される物質。皮脂の分泌に大きく関わっているので、女性より男性の方が臭いが強くなるのは否めない。

 

だからこそ「加齢臭=男性」とされがちなのだが、それは間違い。男性に比べると女性も量こそ少ないものの、皮脂を分泌しているため、臭いと無縁ではない。特に皮脂の分泌は男性ホルモンと関わっており、女性ホルモンが少なくなる閉経後の女性は加齢臭が強くなる。「加齢臭は男性のもの」と決めつけず、女性も自分自身の問題として真剣に受け止めるように。

 

一方で、女性の化粧品や香水もまた、スメルハラスメントの原因になっていることも心にとどめておくべき。自分ではよい香りと思っていても、人によっては不快となりうる。思い込みを排除して、省みる機会を持つことも大切だ。

 

 

スメハラをしないためにできる4つのこと

 

一般的にスメハラ対策には、清潔にして肌を保湿で整え、ストレスなどと上手につき合うことが大切。以下に4つのポイントをまとめたので、参考にしてほしい。

 

衣類、タオル、寝具を清潔に

 

体臭の原因は大きく汗と皮脂の2つがある。ほとんどの汗は出たときは無臭だが、皮脂と同じで常在菌に分解されて臭いを放つ。体だけではなく、衣服やシーツ、布製のソファなどにも臭いは移るので、自身だけではなく生活環境も常に清潔にしておこう。

 

入浴&保湿ケア

 

汗や皮脂は分解される前にできるだけ早く取り除くことが必要で、きちんと入浴して洗い流そう。ここまでは多くの人がやっているが、男性で欠けているとしたら、洗った後の保湿。洗いっぱなしでは、肌が乾燥して荒れてしまい、かえって皮脂の分泌を招いてしまう。ゴシゴシこすらずに優しく流し、顔も体もきちんと保湿をすること。一見、遠回りなようだが、これが臭い対策になるのだ。

 

ストレスコントロール

 

ストレスをコントロールすることも大事。臭いとは関係ないようだが、実は大きく関わっている。ストレスが増えると、活性酸素が増えて免疫が落ち、そして過酸化脂質も増える。これらは巡り巡って、体臭にも影響があるというわけ。活性酸素というと、紫外線を浴びても発生するので、日常から光対策もするように。

 

飲酒や喫煙は当然NG

 

過度の飲酒や喫煙も臭いの原因。特に喫煙は、これまた活性酸素を発生させるし、それ自体も不快な臭いをまき散らす。吸う本人だけではなく、副流煙による周りの人への健康被害を考えると、やめるべき生活習慣の筆頭に挙げられるだろう。

 

 

からだエイジング  [2016/06/18]